Get Adobe Flash player
大阪・北摂(豊中、池田、箕面)・阪神間(西宮、芦屋、宝塚)・神戸中心で合格実績多数
受験に強い阪大生とプロの家庭教師エクセル

神戸市で家庭教師をおさがしですか?

家庭教師のエクセルが強調するのは繰り返しの大切さ
繰り返しは記憶の母といわれているほど、記憶することと繰り返すことには深いかかわりがあります。一度勉強したことを、試験の時に思い出せるかどうかは、視覚や聴覚、触覚などの五感を使って、何度も同じ内容に接しているかに大きくかかわっています。それで、勉強したことを当日もう一度復習する習慣を付けることは、記憶する大きな助けになるでしょう。アインシュタインは『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』と述べましたが、記憶のための繰り返しは狂気と言われようが必要です。確実に覚えたと思っている単語も、その日のうちにも一度思い浮かべるなら、記憶を定着させる助けになります。最初の8時間で忘れる量は、後の30日間で忘れる量と同じとも言われています。忘れそうなときにはいつも思い出して記憶を鮮明に保つことも大切。
こうした記憶についての良い習慣を保つことで、毎日の勉強を効率よくすることができます。思い出すことは、頭の中でできることなので、めんどくさがらずにいつでもまず思い出してみることを習慣にしましょう。

繰り返しの効果

ウィキペディアの「忘却曲線」の項目によると、「1日の間に急激な忘却が起こるが、その後の忘却は緩やかに起こる。」という研究結果が記されています。忘却とは英語で「oblivion」=忘れている状態,忘却;ぼーっとしている[無意識の]状態です。ですから、覚えた内容を繰り返し思い返すのが特に必要なのは、その日のうちといえるかもしれません。忘れそうなときに、勉強したことにもう一度触れることは、記憶を定着させるための一つのテクニックといえます。

忘却曲線に元図いて、記憶を定着させるため、あらかじめ設定した時間置きに、勉強したことを復習すると、記憶することの良い効果を期待できるでしょう。例えば、勉強した1時間後と3時間後に目覚ましをセットし、時間で区切って復習してみます。

言葉をつなぐ

英単語や、歴史の年代などを、何の意味付けもせず、単に記憶しようとすると大変難しいものです。頑張って覚えてもすぐに忘れてしまい、時間だけが過ぎていく結果となりかねません。歴史ば英語で「history」歴史書、史書、史劇、(学問・言語などの)発達史などが含まれます。事実に基づくストーリー(物語)とも言えるでしょうか。それで、暗記する事柄に、意味づけをして、自分なりの解釈を加えることで、記憶を助けることができます。

たとえば歴史の年代を覚える時に、単に起こった出来事の簡単な題目と、年代の組み合わせを覚えるのではなく、その出来事の物語に興味を持ち、その歴史に登場する有名な人物などを合わせて意識したりして、関連性を増やすことで、年代が覚えやすくなります。

入力と出力で記憶効果を高める

五感をフル活用して勉強することも大切です。ひたすらノートに単語を書き続けるだけとか、ひたすら単語帳を読み上げるだけとか、ひたすら単語帳を見てるだけ、など同じ活動で記憶するなら、記憶できる量や時間は限られてくるでしょう。「五感を研ぎすませる」と言う言葉があるように、脳の持つ様々な方法で情報を取り入れるようにします。読みながら書き、目で意識しながら文章を追い、また身振りなどでその言葉を表現することで、記憶は更に助けられます。

勉強した内容をほかの人に教えることで、理解を深めることができ、記憶の定着につながります。自分で理解したと思っていても、いざ別の人に説明しようとすると、意外に難しく感じることはありませんか?ビジネスの世界ではプレゼンテーションが盛んにおこなわれます。クライアントにいかに分かり易く説明するかは、理解の深さにかかわりがあります。ほかの人にもわかるように説明するにはさらに深い理解を要します。それで、学習したことを積極的にクラスメートや親に伝えることで、自分の理解を深めましょう。
神戸市で家庭教師をお探しなら家庭教師のエクセルへ